成瀬整骨院ブログ

救急外来における各種モニタリング装置の使用法について 1/2

2014年5月 1日 10:45

こんにちは横浜市金沢区の骨盤矯正・成瀬整骨院のスタッフです。


救急外来における各種モニタリング装置の使用法について以下参考として引用します。1/2


今日の治療方針
私はこう治療している
総編集 山口 敬 北原光夫 福井次矢
TODAY'S THERAPY 2010 医学書院
より引用

救急外来における各種モニタリング装置の使用法
Significance of monitoring in emergency room
森口武史 山梨大学講師・救急集中治療医学講座

 さまざまな重症度、緊急度の患者を初療する救急外来において、呼吸循環動態などバイタルサインを反映するパラメーターを客観的に評価・記録することは、診療への第一歩と言える。非侵襲的な心電図、パルスオキシメーターなどのモニタリングに加え、critical careの分野においては血中乳酸値などの組織酸素代謝の指標も広義のモニタリングと認識されている。病態把握と処置を同時に進めなければならない場合も多い救急外来において、病態の変化をリアルタイムにとらえることができるモニタリングは必要不可欠である。
 以下に救急外来におけるモニタリング装置と使用方法について概説する。
バイタルサインにかかわる一般的モニター
1.心電図 心電図モニターの目的としては心拍数の測定、不整脈の診断、ST変化による虚血性心疾患の診断が挙げられる。一般的な心電図モニターは3電極誘導法による近似肢誘導であるためその診断には限界があり、必要に応じて12誘導心電図検査を実施する。機種によっては12誘導心電図を連続計測可能で、かつ移動や体動に影響されない携帯可搬型のモニタリング装置も市販されている。
2.パルスオキシメーター 体温、脈拍、血圧、呼吸数にならぶ第5のバイタルサインとも言われる動脈血酸素飽和度を非侵襲的に測定できることからさまざまな現場で広くしようされている。生命維持に不可欠である動脈血酸素の飽和度を直接リアルタイムに測定できる有用性があり、救急外来においても必須のモニタリングである。一方低心拍出量、血管れん縮、低体温などの場合は測定が不可能であったり測定値の信頼性に欠ける場合がある。また、COHbとHbO2を区別できないため、一酸化炭素中毒の際の測定値は実際の値よりも高値となり、評価に注意が必要である。なお、酸素飽和度は肺の酸素化能を示す指標ではない。パルスオキシメーターで測定できる酸素飽和度は血液ガス分析を代替するものではなく、相補的な別の指標であることに留意する必要がある。
3.血圧 マンシェットを用いる非観血的測定法と、動脈内留置カテーテルを用いる観血的測定法がある。連続的にモニタリングする必要がある場合、頻回に採血する必要がある場合には観血的測定法を選択する。非観血的測定法には用手的に計測する方法と自動血圧計による測定法がある。自動血圧計による測定は測定間隔を病態に応じて対応できる。しかし、極端な高血圧や低血圧の場合には自動血圧計では測定できないことがあり、そのような場合は自動測定に頼らず用手的に測定するか、観血的測定法に切り替えるべきである。また、大動脈解離などの病態においては血圧の左右差が診断の手がかりになることもあるため、必要に応じて血圧は左右で測定する。
4.体温 体温には環境に左右されず一定に保たれる核心温と、環境に左右される外殻温がある。腋窩温や舌下温は外殻温に分類される。核心温の測定は究極的には血液で行うが、鼓膜温、食道温、直腸温、膀胱温で代用できる。電子式の鼓膜温度計は救急外来で簡便に核心温を測定できる。しかし、通常遭遇しない高体温や低体温症例の場合は、測定レンジを超え測定できない場合もあるため、救急外来に1つはモニタリング装置に接続可能で測定レンジの広い温度計を置き、正確な直腸温などを測定できるように準備すべきである。



交通事故サイト:横浜市金沢区のむち打ち治療なら成瀬整骨院


携帯サイト版:横浜市金沢区の骨盤矯正なら成瀬整骨院


電話045-785-5976(完全電話予約制)
横浜市金沢区寺前1-5-17
京浜急行金沢文庫駅東口徒歩8分
駐車場3台完備

コメント(0)

■コメントする

ご予約・お問い合わせ

成瀬整骨院お気軽にお電話ください。0120-972-526

お電話の際に「ホームページを見た」とお伝え下さい。
当院への質問等ございましたら下記メールアドレスまでお願いいたします。

メールアドレス:carenaruse@yahoo.co.jp

→ページトップへ

メルマガ登録
お名前
メールアドレス
powered byメール配信CGI acmailer

成瀬整骨院オンラインショップ

整骨院概要

お気軽にお問い合わせください。

TEL:045-785-5976

住所:
神奈川県横浜市金沢区寺前
1-5-27

月~土

午前9時~12時
午後15時~18時
※最終受付午後17時30分

日

午前9時~12時

休診日

木曜日・祝祭日

おすすめ医院認定証
おすすめ医院認定証

QR
携帯で読み込むと、当院のTEL、
メールアドレスなどが簡単に登録できます。