成瀬整骨院ブログ

シアン中毒の治療方針について

2014年7月 1日 09:11

こんにちは横浜市金沢区の肩こり・成瀬整骨院のスタッフです。


シアン中毒の治療方針について以下参考として引用します。


今日の治療方針
私はこう治療している
総編集 山口 敬 北原光夫 福井次矢
TODAY'S THERAPY 2010 医学書院
より引用

シアン中毒
Cyanide poisoning
池田弘人 帝京大学准教授・救急医学

治療方針
1)おせんした衣服を脱がせ、皮膚は洗浄、二次汚染を避ける。
2)100%酸素吸入、気管挿管にる気道確保を行う。
3)輸液およびカテコールアミン投与により循環動態を安定化させる。
4)解毒薬を投与する。
 ①亜硝酸アミル吸入(二価鉄のヘモグロビンから三価鉄のメトヘモグロビンを増加させ、シアンをミトコンドリアの呼吸酵素を離れ三価鉄のメトヘモグロビンに結合させる)、②亜硝酸ナトリウム静脈内投与(メトヘモグロビンを増加させシアンをミトコンドリアの呼吸酵素を離れ三価鉄のメトヘモグロビンに結合させる)、③チオ硫酸ナトリウム静脈内投与(シアンの排泄を促進する)、④ヒドロキソコバラミン(ビタミンB12)(シアンと直接結合することにより解毒作用を発揮する)。
処方例 下記を併用する。
1)亜硝酸アルミ吸入液(0.25mL/アンプル)1回1アンプル 5分ごとに吸入
2)3%亜硝酸ナトリウム注(院内製剤)1回10mL 5分かけてゆっくり静注
3)デトキソール注 1回125mL 10分かけて静注
4)シアノキット注射用セット〔ヒドロキソコバラミン2.5g/100mL(生理食塩液)〕成人にはヒドロキソコバラミンとして5g/200mLを25-30分かけて点滴静注 症状により1回追加投与




交通事故サイト:横浜市金沢区のむち打ち治療なら成瀬整骨院
 

携帯サイト版:横浜市金沢区の肩こりなら成瀬整骨院


電話045-785-5976(完全電話予約制)
横浜市金沢区寺前1-5-17
京浜急行金沢文庫駅東口徒歩8分
駐車場3台完備

コメント(0)

■コメントする

ご予約・お問い合わせ

成瀬整骨院お気軽にお電話ください。0120-972-526

お電話の際に「ホームページを見た」とお伝え下さい。
当院への質問等ございましたら下記メールアドレスまでお願いいたします。

メールアドレス:carenaruse@yahoo.co.jp

→ページトップへ

メルマガ登録
お名前
メールアドレス
powered byメール配信CGI acmailer

成瀬整骨院オンラインショップ

整骨院概要

お気軽にお問い合わせください。

TEL:045-785-5976

住所:
神奈川県横浜市金沢区寺前
1-5-27

月~土

午前9時~12時
午後15時~18時
※最終受付午後17時30分

日

午前9時~12時

休診日

木曜日・祝祭日

おすすめ医院認定証
おすすめ医院認定証

QR
携帯で読み込むと、当院のTEL、
メールアドレスなどが簡単に登録できます。